平凡会社員、貯金一億を目指します!

IT企業勤務の20代会社員が一億貯めるために奮闘する物語

社会人になってお金より健康の方が大切だと気付いた話

こんにちは!貯金一億を目指している平凡サラリーマンです。

僕のブログでは「貯金」、「資産運用」、「節約」みたいなお金に関するコンテンツを主に発信していて、常にお金は大事だよっていう感じの話をしています。

しかし、最近になってお金よりも大切なものに気が付きました。

それは「健康」です。

先日、社会人になって初めて体調を崩して、健康の大切さに気が付きました。

今回はなぜ健康がそれほど大切だと思ったのか紹介していきたいと思います。

健康でないとお金を稼げない

今まで健康でいるということが当たり前だったので、体調良く過ごせていることに対して何もありがたみを感じていませんでした。

ですので夜更かしをしたり、ジャンクフードを食べたりと好き勝手過ごしていました。

しかし、先日社会人になって初めて体調を崩しました。

このとき、真っ先に思ったのは、「会社に行けない」です。

まだ、当時は有給がなかったこともあり、「休む」=「無給」ということでした。

貯金を生きがいとしている僕にとってその日の給料が減るということはかなりショックな出来事でした。

体調を直さないことには何も始まらないので、その時はお休みをいただきました。

このように健康でないとお金を生み出すための仕事ができません。

つまり、お金というものは健康という土台の上で成り立っています。

この理論でいうと健康はお金よりも大切にすべきものだと言えると思います。

健康でないと節約はできない

ここまで、健康でないとお金を稼げなくなるという話をしましたが、節約も難しくなります。いくつかその理由を紹介します。

医療費がかかる

病気になると医療機関に受診することになると思います。そうすると当然のことですが、お金がかかります。

一回あたり5000円ほどかかることを考えると結構大きな支出ですよね。

また、大きな病気をしてしまうともっとお金がかかります。

健康でいるということは同時に目に見えない節約をしているんだということに気が付きました。

節約をするための活力がなくなる

僕は普段、節約のために近所のスーパーで買い物をしていたのですが、体調を崩した時はそれができませんでした。

スーパーに行くって結構体力使うんですよね。

その時はコンビニで買い物をして凌いでいました。

また、元気なときはポイかつで暇な時にポチポチしていたのですが、その行動ですら億劫になってできませんでした。

このように健康をなくすと節約をすることも難しくなってしまいます。

健康でいることは素晴らしい

一方で健康でいると以下のように良い効果しかありません。

  • 仕事のパフォーマンスが上がる
  • ポジティブになる
  • 節約できる
  • アクティブに行動できる

今ある健康を当たり前と思わず、意識的に維持するということを考えていくと良いと思います。

そのために、生活習慣、食生活を見直すと良いと思います。

僕も食事が偏っているところがあるので、そこをなんとか改善していけたらと思います。

まとめ

今回は社会人になってお金より健康の方が大切だと気付いた話をしました。

体調を崩してから健康をお金で買うことはできません。

ただ、今ある健康を維持することはできます。

健康からお金は生まれてくるので、まずは自分の体を一番に考えてみてはいかがでしょうか。

 

自己紹介で何を言うべきか問題について|効果的にアピールする方法

こんにちは!本気で貯金1億円を目指している平凡会社員です。

突然ですが、皆さん、自己紹介の時に何をいえば良いか迷った経験はありませんか?

僕は、いつも迷っていました笑

ただ、迷いながらも、いくつかのパターンの自己紹介で試してみて、どのようなことを言うと良い反応が得られるかを理解しました。

この記事では効果的な自己紹介のやり方を紹介したいと思います。

自己紹介は生きている上で必要不可欠

皆さん、自己紹介はどのような場面でしていますか?

  • 新学期新しいクラスで
  • 新しい職場で
  • 新人とのあいさつで
  • パーティー
  • 就職活動で
  • ...

このように自己紹介というのは、新たに人とのつながりを作る際に必ず行います。

社会性を重視する人間という生き物にとって、自己紹介は切っても切り離せない存在です。

僕自身も今年新卒で入社したということもあり、今年だけで10回以上自己紹介をしました。

それでは、どのような自己紹介が効果的なのでしょうか?

今までの経験を通して効果的だと思うものを紹介していきたいと思います。

とりあえず、無難に明るく元気に

皆さん、自己紹介というと「大爆笑を生み出したい」、「すごい人と思われたい」と、いきなりホームランを狙いに行く人が多い気がします。

この気持ちめちゃくちゃわかります。

僕も学生時代、新学期に新しいクラスでの自己紹介では笑いを取りに行ってました。

結局、ダダ滑りしてましたが。。。

このように、僕はホームランを打ちに行って三振するということのを多く経験してきました。

この中で僕が導き出した結論は

無難に70点を取りに行く!」が一番コスパが良いということです。

理由を説明します。

自己紹介はマイナスを生まないことが大事

自己紹介というのは、あくまでこれから関係を構築を構築するためのきっかけにすぎません。

だから、自己紹介では明るく、ハキハキと話せれば、十分及第点だと思います。

ポイントは聞き手側がこの人と話したくないと思われないようにすることです。

自己紹介で第一印象が決定してしまうので、変なことを言うとあまり関わりたくないと思われてしまう可能性があります。

しかも、厄介なのは一度印象が決まってしまうと挽回するのが難しいということです。

せっかく、色々な人と関わるチャンスなのに、そのチャンスを自己紹介で潰してしまうのはもったいないですよね。

大事なことなのでもう一度言いますが、ポイントはマイナスの印象を生まないことです

ですので、明るく、ハキハキと話す!というのを意識しましょう。

基本的にハキハキと話している人に悪い印象を抱く人はいないです。

趣味は何を言うべきか?

自己紹介で趣味を何にするか迷っている人は多いのではないでしょうか?

僕の意見としては、基本的には本当に自分がハマっていることをいえば良いと思います。

ただ、それだけだとつまらないので、もう少し深堀りしていこうと思います。

人との違いは具体性から

自己紹介は当たり前ですが基本的に始めて会う人と行います。

その中で何が重要かと考えたときに相手の印象に残すというのが一つ挙げられるでしょう。

印象に残るためには人と何が違うのかを伝える必要があります。

ここで重要になってくるのが具体性です。

とにかく具体的に相手が想像できるように伝えることを意識しましょう。

例えば、料理が趣味の場合

  • どのようなジャンルの料理をつくるか
  • どのくらいの頻度で
  • 誰に作るか
  • どんなこだわりがあるか
  • ...

このように具体性を加えることで、ありきたりな料理という趣味でもその人の人となりがなんとなく伝わってくると思います。

また、具体性を持たせることにより、話のフックがたくさんできるので、そこから雑談しやすいというメリットもあります。

まとめ

今回は効果的に自己紹介を行う方法を紹介しました。

ポイントは以下の2つです。

  • 明るく元気に
  • 趣味を話すときは具体性をもたせる

自己紹介は人とのつながりを構築するのに必要不可欠なものなので、是非実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

面倒なことをできない人間は、お金持ちにはなれない話

皆さん、一度はお金持ちになりたいって考えたことはありませんか?

僕はあります笑

お金があったら少し高いランチを食べたりできるし、心にも余裕ができるのになあとかよく考えています。

 

それでは、果たして僕みたいな一般人がお金持ちになるためには何をしたら良いのでしょうか?

僕はこの命題について何度も何度も繰り返し考えてきました。

その結果、一つの結論が導き出されました!

それは人がやらない面倒なことをやることです。

 

おそらくこれを読んでいる99%の人が何だそりゃ!と感じたと思うので、ここから詳しく説明していきたいと思います。

お金持ちになるための必要要素

まず、お金持ちに必要な行動を考えて見ましょう。僕がパッと思いついたのは↓の3つです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

  • 節約
  • 投資
  • 人と違うことをする

節約は意外と面倒

まず、節約についてです。

節約といえば、

  • スーパーで買い物
  • 携帯会社を変える
  • 自炊する
  • コンビニ行かない

このように節約をしようと思うと自分の生活スタイルをある程度変えなければなりません。

どれも少し頑張ればできることばかりですが、正直面倒です。

しかし、この面倒なことをできるかできないかで月の貯金額は大きく変わってくると思います。

 

僕も前までは極度の面倒くさがり屋でした。

ご飯はコンビニで済ませてばかりで別に便利だからええやん!と開き直っていました。

そんな中、ある日スーパーに行く機会がありました。このとき、衝撃を受けました。

全然値段が違う!と。

そこから、僕は毎日スーパーで買い物をするようになりました。

今では毎日これ5%引きだっていうのを発見するのが楽しみになっています。

コンビニで買ったときよりも100円得した!みたいな考え方ができるようになると、楽しくスーパー生活を続けられると思います。

投資を始めるにはハードルがたくさん

 次に投資についてみていきましょう。

一般人がお金持ちになるための一番の近道として、投資があります。

今は、積立NISAという国が推奨するかなりお得な投資信託の制度があったりします

資産を増やしたいという人は積立NISAをやらない理由はほぼないと思うのですが、意外とやっていない人が多かったりします。

僕が思うにやはり面倒だからという理由が大きいと思います

積立NISAを始めるための流れは↓のようになっています。

  1. 積立NISAを理解する
  2. 証券口座を選ぶ
  3. 証券口座を開設する
  4. 積み立てるファンドを選ぶ
  5. 積立設定をする

結構やらなきゃいけない操作が多いですよね。

おそらく、多くの人が1で

「投資ってなんか損しそうで怖いし、よくわからないからやめとこう」と何も調べずに諦めていく人が多い気がします。

このように資産を増やせるチャンスがあっても、面倒だからという理由で現状維持を選択する人が多いです

人と違うことをする

最後は人と違うことをする、ということについてです。

お金持ちになるためには普通の人がしていること以外に違うことをする必要があると思います。

例えば、さきほど挙げた投資、節約、それに副業などでしょうか。

どれも普通の人は面倒であまりしない行動ですよね。

でも、これらの行動はお金を貯めるうえではかなり大切なところです。

こういった、普通の人がしない面倒なことをしないとお金持ちにはなれません。

普通の人がしない行動に共通しているのは、情報を自分で集める必要があるということです。

この情報を集めるという作業ができるかどうかで,お金持ちになれるか、そうでないかが決まってくると思います。

お金持ちになりたいと思う人は、まず、自分で情報を集める癖を身につけられると良いと思います

まとめ

今回は面倒なことをできない人間はお金持ちになれない話について紹介しました。

理由は、お金を増やすために必要な行動は全部面倒だからです。

でも逆に考えれば、面倒なことをやればお金持ちになれる可能性があるということです。

今日から少し面倒だと思うことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

自分の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリット

こんにちは!本気で1億円の貯金を目指している平凡サラリーマンです。

今回はテレビについてです。

僕は実家に住んでいた時はずーーーっとテレビを見て育ってきました。

毎日欠かさず夜のニュース番組を見たり、毎週楽しみにしているアニメ、バラエティがあったり、テレビ大好き人間です。

そんなテレビ好きな僕なんですが、一人暮らしをきっかけに自分の生活からテレビをなくしてみるという挑戦をしてみました!

今回は僕の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

テレビをなくして感じたメリットは大きく分けて3つあります。

部屋を広く使える

新卒で一人暮らしを始めたのですが、やはり実家と比べて部屋の面積が狭いです。

そのため、1つ1つの空間を有効活用しないと圧迫間のある部屋になってしまいます。

その点、テレビがないと部屋が広々とした快適な印象になります

今のテレビはかなり薄くそこまでスペースを取らないようになっているとはいえ、

やはり、あるとないではない方が開放感という点では良い気がします。

ニュースを見て気分が落ち込むことがなくなった

大学生で実家に住んでいた時は、暇だったのでテレビを一日中見ていたのですが、ネガティブなニュースが毎回飛び込んでくるので、何となく暗い気分になることが多かったです。

一方でテレビがない現在は「見るニュース」と「見ないニュース」を自分で選択することができます

そのため、嫌なニュースを見て気分が落ち込んでしまうようなことはなくなりました。

最近は、感染症のニュースなどで気分が落ち込んでいる人が多くなっていると思うので、テレビを一旦見ない生活に変えてみるというのもメンタルヘルスを保つための良い選択だと思います。

外に出る機会が増えた

家にいてもテレビがないと正直やることがないので、外に一人でご飯を食べに行ったり、ちょっと遠くまで散歩に行ったりと外に出てアクティブに行動するようになりました。

緑の豊な公園で散歩すると、体を動かせるだけでなく、リラックス効果もあるみたいなので、現代の生活に疲れを感じている人はぜひ散歩を試してみてはいかがでしょうか?

デメリット

次にデメリットを紹介します。感じたデメリットは以下の2つです。

世間のトレンドに疎くなる

テレビをなくすと自分がインプットするニュースを自分で決められてしまうので、

結果的に、入ってくるニュースに偏りが出てきてしまいます

ですので、テレビを見ていたときと比べると世間で何が流行っているのかなどトレンドに疎くなりました。

また、そもそも自分から情報を取りにいかないと情報が入ってきません。

下手したら山奥の仙人みたいな世間から孤立した存在になってしまうので、もしテレビをなくそうと考えている人は、自分から積極的に情報を取りに行くということを意識するようにしましょう。

好きなテレビ番組が見れなくなる

テレビがなくなると、当然ながら自分の好きなテレビ番組を見ることができなくなります

もちろん、TVerなどアプリをインストールすれば見れるようになりますが、期間限定だったり、番組に偏りがあったりなので自由に見るということはできません。

僕はサッカー代表戦を見るのが好きなのですが、毎回試合があるたびび今日だけテレビほしいなあとか思ったりしています。

まとめ

今回は自分の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリットについて紹介しました。

メリット

  • 部屋を広く使える
  • 気分の落ち込む頻度が減る
  • 外に出る機会が増える

デメリット

  • 世間のトレンドに疎くなる
  • 好きなテレビ番組を自由に見れなくなる

正直、今もテレビを買うべきか迷い中です。なくても生きていけるけどあったらあったで楽しいかもなーみたいな感じです。

実際、普段テレビ見る習慣ないよっていう人はテレビはなくしてしまってもメリットの方が大きいと思います。

一方で自分がどうしてもみたいテレビ番組があるという人は考える余地がありそうです。

何か参考になっていたら嬉しいです。以上!

洋画鑑賞はかなりコスパの良い趣味だと思う理由3選

こんにちは!貯金1億を本気で目指している平凡サラリーマンです。

今回はコスパの良い趣味として「洋画鑑賞」を紹介したいと思います。

ここで言うコスパの良さの定義は、

始める難しさに対する人生を好転させる可能性の高さで考えています。

それではなぜ洋画鑑賞はコスパが良いのでしょうか?

早速理由を見ていきましょう!

海外の方との共通言語をゲットできる

洋画はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界中の人が見られています。

つまり、洋画は世界共通なので海外の方との会話のきっかけに利用することができます

 

実際、僕もオンライン英会話でフィリピン人の方とお話をしたときに、ラ・ラ・ランドのお話で盛り上がりました。

 

仕事で海外の方と関わりが多い方は、雑談などで良い関係を構築するためのツールとして洋画は利用できるかもしれません。

 

また、洋画では、たびたび日本にはないような独特な表現が出てくるのでカルチャーの違いを学べるという点においてもメリットがあると思います。

英語力が鍛えられる

洋画を字幕で鑑賞することで英語力を鍛えることができます。

映画を見て楽しみながら英語力を鍛えられるなんて最高ですよね。

 

映画では実際のネイティブの会話で聞くことができるので、本物の英語のスピードや表現を体験することができます

英語を学びたいと考えている人にとって、本物のネイティブの会話を日本にいても聞けるので洋画は最高の教材だと思います。

 

ただ、一方で洋画をすべて聞き取るのは指南の技です。

実は僕TOEIC880を持っているのですが、正直半分も聞き取れていない気がします、、

 

洋画で英語で勉強しようと考えている人におすすめなのは、

Netflixで日本語字幕で見た後に英語字幕で見ると言う方法です!

英語字幕だと自分が聞き取れなかった部分を読んで理解することができるので、良い勉強になると思います。

おしゃれな人だと思ってもらえるかも

最後は、これです!

何となく洋画が趣味って言っている人っておしゃれな感じしませんか?

僕が洋画を見始めた理由の1つはこれです。大学生の時は趣味で洋画って言いたいがために洋画を見ていました笑

実際、おしゃれだ思っているのは僕だけかもしれませんが、おそらくネガティブな印象は持たれることはないと思うので無難な趣味だと思います。

まとめ

今回、洋画はかなりコスパの良い趣味だと思うという話を紹介しました。

理由は以下の3つです。

  • 海外の人との共通言語をゲット
  • 英語力が鍛えられる
  • おしゃれな人と錯覚してもらえる

実際、洋画鑑賞はNetflixなどで月1000円あればできるので、少ないお金で長く楽しむことができる、なおかつスキルも手に入るという最高の趣味だと思います。

是非、洋画をこの機会に見てみてはいかがでしょうか?

新卒1年目の僕が本気で貯金を始めた3つの理由

こんにちは!貯金1億を本気で目指している平凡サラリーマンです。

今回はなぜ僕がここまで貯金や資産運用にこだわるのか、その理由3つを紹介していきたいと思います。

自分のサラリーマン生活を最短化するため

僕は、今年21卒として社会人デビューしました。

幸運なことに私は新たなスキルを学べる環境に入れたため、社会人になって毎日が充実しています。

一方でこんな不安が芽生えました。

今は若いから新しいことをすぐ吸収できるけど、50歳、60歳になって記憶力、体力が衰えた状態で今のようにフルタイムで働き続けられるのかなー?

そんな不安を感じたときに見つけたのがFIREという生き方です。

FIREは「Financial indepence, Retire Early」の略で、

要するに早めにたくさんお金貯めて、早めに仕事を辞めようぜっていう考え方です。

正直、新卒で入ったばかりで辞めることを考えるのは変な感じもしますが、

僕は明確なゴールがあった方がやる気が出るタイプなので40代でのセミリタイアをするということを決めました。

完全なリタイアでなくセミリタイアにしているのは、

結婚も考えているので完全にリタイアすることに対して少し不安が残るというのが正直な理由です。

このブログのタイトルで貯金1億というのにも一応根拠があって、

1億を年利5%で回せば500万くらいは入ってきて、緩く他の仕事で稼いでいればやっていけるであろうという考えで設定しています。

若い時のお金は無限の価値がある

お金はいつも同じ価値でしょ!と思った皆さん実はそうでもないんです。

例えば、積立NISAを使って説明してみます。

22歳のときから月33333円で20年間積立投資を行ったとします。

そうすると総額は800万円ですよね。しかし、積立投資では運用収益が発生し、実際の価値はもっと高くなります。

年利5%で推移した場合、

払った金額800万に対して運用収益570万で合計1370万円になります。

一方で仮に20年後、同じ800万円を手に入れたとしても800万は800万のままですよね。

若い時から貯金や投資を行うことでお金に長く働かせ、より大きな金額にできる可能性をつかめるので、どちらが良いかは一目瞭然だと思います

資産運用は未来の抗不安剤

僕は今現在の資産運用は将来の抗不安剤として機能すると考えています。

働いている中で給料が上がらなかったり、仕事で嫌な思いをしたり、何かしらネガティブな感情を抱くことはあると思います。

その時に「でも昔から積み立ててたお金が働いてくれてるし、給料上がらなくてもいっか!」みたいな感じでポジティブになれるのではないかと考えています。

若いうちの貯金や資産運用は頑張っている将来の自分へのプレゼントです!

まとめ

今回は新卒1年目の僕が本気で貯金を始めた3つの理由を紹介しました。

  • サラリーマン生活を最短化する
  • 若い時のお金は無限の価値をもつ
  • 資産運用は未来の抗不安剤

若いうちからお金を貯める必要ないなんてことは絶対ありません。早ければ早いほど勝てる可能性が高くなります。お金と時間を味方にして皆でお金持ちになりましょう!

子供部屋おじさんを卒業して気づいた3つの変化|人生変わります

こんにちは!貯金1億を本気で目指している平凡大学生です。

皆さん、子供部屋おじさんって知ってますか?

おそらく 子供部屋おじさん?? という方もいらっしゃると思うので、

簡単に説明すると、実家暮らしを続けているおじさんのことです。

実際、僕も大学卒業までの22年間ずっと子供部屋おじさんでした。

そして、社会人になるタイミングで一人暮らしを始めて、子供部屋おじさんを卒業しました。

今回は、子供部屋おじさんを卒業し、一人暮らしを始めて気づいたこと3つを紹介していきたいと思います。

そこには自由があった

実家にいた時は縛りが多い

実家暮らしをしている時は、親に住ませて頂いている身であったので、

親の言うことが絶対でした。

例えば

  1. 皿洗い、洗濯を指定の時間までにする
  2. 遅く帰宅するときは何をしているか連絡
  3. 部屋の掃除を毎週決まった曜日にする など

特に2は遊び盛りの大学生だった僕にとっては、少し煩わしかったです。

一人暮らしは縛りゼロ

一人暮らしを始めてから一気に自由になりました!

いつ家に帰ってもいいし、何を食べてもよいという最高の生活が待っていました。

恋人と一緒にいられる時間も増えました。

一方で他の人から全く強制されないため、1日中だらけてしまって時間を無駄にすることもありますが、それも一興ですね。

お金に対して執着が増えた

実家暮らしの時はお金に無頓着

実家暮らしのときは、家賃光熱費などのことは一切知りませんでした。

バイトした分すべてが自由に使えるお金となっていました。

毎日、コンビニに行ってファ〇チキとかか〇あげくんとかを買ってましたし、

コンビニ袋もお金を払って貰っていました。

また、部屋の電気をつけっぱなしということもしばしば、、、ほんと親ごめん!

一人暮らしでお金の大切さを知る

一人暮らしをするにあたって、人が生きていくためにはこんなにお金が必要なのかと驚愕しました。

  • 家賃光熱費
  • 携帯料金
  • 食費
  • 将来への貯蓄
  • 税金
  • ...

挙げたらきりがないですね。

これだけたくさんの支払いがあるので、

大学時代のように散財していたら、1億貯金どころか一切貯金できないということに気が付きました。

一人暮らしを始めてからはスーパーに袋を持っていたり、なるべく安い通信会社に変えたりとなるべく支出を減らす努力をするようになりました。

好き勝手使っていた電気も今は誰もいない時は消すということを徹底しています。

一人暮らしを始めるとお金への執着は間違いなく増えます

人生の主導権を手に入れた

実家では挑戦に否定的になりがち

実家にいたときは新しいことを始めようとしても、周りの人に「無理だ!」と言われて辞めるということが多かった気がします。

今考えると大学生の時は無限の時間があったので、もったいないことをしたなと後悔しています。

自分のやりたいことをやりたいように

一人暮らしを始めてからは、その日に何を食べるかから休日に何をするかまで全て自由に決めることができます、

自分の時間を自分でマネジメントするようになったので、自分のやりたいと思うことに積極的に挑戦できるようになりました

大学を卒業すると人生終わりみたいな考え方をしている人もいますが、

僕は社会人になってからの方が人生が充実している気がします。

一人暮らしを始めてから自分の足で自分の人生を生きれるようになりました

まとめ

今回は子供部屋おじさんを卒業して気づいた3つの変化を紹介しました、

  • 自由を手に入れた
  • お金の大切さを知った
  • 人生の主導権を手に入れた

一人暮らしをするともちろんお金はかかりますが、その分自分の人生を自分の足で歩くための一歩になると思うので是非人生を変えたい方は試してみてください。