平凡会社員、貯金一億を目指します!

IT企業勤務の20代会社員が一億貯めるために奮闘する物語

自分の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリット

こんにちは!本気で1億円の貯金を目指している平凡サラリーマンです。

今回はテレビについてです。

僕は実家に住んでいた時はずーーーっとテレビを見て育ってきました。

毎日欠かさず夜のニュース番組を見たり、毎週楽しみにしているアニメ、バラエティがあったり、テレビ大好き人間です。

そんなテレビ好きな僕なんですが、一人暮らしをきっかけに自分の生活からテレビをなくしてみるという挑戦をしてみました!

今回は僕の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

テレビをなくして感じたメリットは大きく分けて3つあります。

部屋を広く使える

新卒で一人暮らしを始めたのですが、やはり実家と比べて部屋の面積が狭いです。

そのため、1つ1つの空間を有効活用しないと圧迫間のある部屋になってしまいます。

その点、テレビがないと部屋が広々とした快適な印象になります

今のテレビはかなり薄くそこまでスペースを取らないようになっているとはいえ、

やはり、あるとないではない方が開放感という点では良い気がします。

ニュースを見て気分が落ち込むことがなくなった

大学生で実家に住んでいた時は、暇だったのでテレビを一日中見ていたのですが、ネガティブなニュースが毎回飛び込んでくるので、何となく暗い気分になることが多かったです。

一方でテレビがない現在は「見るニュース」と「見ないニュース」を自分で選択することができます

そのため、嫌なニュースを見て気分が落ち込んでしまうようなことはなくなりました。

最近は、感染症のニュースなどで気分が落ち込んでいる人が多くなっていると思うので、テレビを一旦見ない生活に変えてみるというのもメンタルヘルスを保つための良い選択だと思います。

外に出る機会が増えた

家にいてもテレビがないと正直やることがないので、外に一人でご飯を食べに行ったり、ちょっと遠くまで散歩に行ったりと外に出てアクティブに行動するようになりました。

緑の豊な公園で散歩すると、体を動かせるだけでなく、リラックス効果もあるみたいなので、現代の生活に疲れを感じている人はぜひ散歩を試してみてはいかがでしょうか?

デメリット

次にデメリットを紹介します。感じたデメリットは以下の2つです。

世間のトレンドに疎くなる

テレビをなくすと自分がインプットするニュースを自分で決められてしまうので、

結果的に、入ってくるニュースに偏りが出てきてしまいます

ですので、テレビを見ていたときと比べると世間で何が流行っているのかなどトレンドに疎くなりました。

また、そもそも自分から情報を取りにいかないと情報が入ってきません。

下手したら山奥の仙人みたいな世間から孤立した存在になってしまうので、もしテレビをなくそうと考えている人は、自分から積極的に情報を取りに行くということを意識するようにしましょう。

好きなテレビ番組が見れなくなる

テレビがなくなると、当然ながら自分の好きなテレビ番組を見ることができなくなります

もちろん、TVerなどアプリをインストールすれば見れるようになりますが、期間限定だったり、番組に偏りがあったりなので自由に見るということはできません。

僕はサッカー代表戦を見るのが好きなのですが、毎回試合があるたびび今日だけテレビほしいなあとか思ったりしています。

まとめ

今回は自分の生活からテレビを捨てて気づいたメリット・デメリットについて紹介しました。

メリット

  • 部屋を広く使える
  • 気分の落ち込む頻度が減る
  • 外に出る機会が増える

デメリット

  • 世間のトレンドに疎くなる
  • 好きなテレビ番組を自由に見れなくなる

正直、今もテレビを買うべきか迷い中です。なくても生きていけるけどあったらあったで楽しいかもなーみたいな感じです。

実際、普段テレビ見る習慣ないよっていう人はテレビはなくしてしまってもメリットの方が大きいと思います。

一方で自分がどうしてもみたいテレビ番組があるという人は考える余地がありそうです。

何か参考になっていたら嬉しいです。以上!